永久脱毛の本当の意味。99%の人が知らない驚愕の事実【医師監修】

脱毛の窓口 永久脱毛の本当の意味

私、「永久脱毛」って一生毛が生えなくなることだと思っていたんですけど、クリニックのホームページの表現を見ていると、「永久脱毛」とか「永久減毛」とかいろんな表現がありますね。
同じように「永久」が前についていても、「脱毛」と「減毛」では全然印象が違います。

はい、たしかにクリニックによって脱毛効果に対する表現が違いますね。

クリニックに行けば永遠に毛が生えなくなるわけではないんですか?

クリニックに通う限りは、一生ムダ毛が生えないようにしたいと思うのが自然です。
しかし、残念ながら現在の脱毛技術では、ムダ毛を一生一本たりとも生えないようにすることは難しいんです。

えっ、そうなんですか?

ただ、永久脱毛に近い状態にまで仕上げることは可能です。
実際クリニックに通っている女性のほとんどが、コース終了後に満足してそのまま脱毛を終えているんですよ。

じゃあ期待してもいいんですね!

はい、それでは今回は

  • そもそも永久脱毛の定義とは
  • 永久脱毛」という言葉が広まったきっかけ
  • 永久脱毛」に変わる新たな概念「永久減毛」とは
  • 脱毛サロンの施術や家庭用脱毛器で「永久脱毛」できるのか?
  • 永久脱毛に近づくために必要なこと

について詳しく解説していきます。

結論:永久脱毛とは、施術後一生毛が生えないという意味にあらず!ただし長期間、毛が少ない状態を維持することが可能

そもそも永久脱毛の定義とは

初めに永久脱毛の定義についてまずは解説しておきましょう。

永久脱毛とは、最後の施術から「1か月後」に
生える毛の割合が「20%以下」であること

この定義でまず気づくべきは、その「期間」。
永久というからには、少なくとも20年後、30年後以降の未来において毛が生えないというイメージがありませんか?

しかし、この定義の意味する期間とは、「施術から1か月後」。
つまり20年後の未来について、永久脱毛は何も定義していませんね。

次に注目すべきは、「施術後に生える毛の割合」です。
20%以下」と言えば、「全体の5分の1以下」ということ。意外に多いと思いませんか?
逆に言えば施術から1か月後に「全体の5分の1」の量のムダ毛が生えてきても、それは永久脱毛だということになります。
永久脱毛の言葉が想像以上に緩い基準だということがわかりますね。

「永久脱毛」という言葉が広まったきっかけ

そもそも「永久脱毛」って誰が言い出したのでしょうか?事の始まりは1958年にまでさかのぼります。

「永久脱毛」の始まりはアメリカの美容電気脱毛の業界団体の定義

実は日本には「永久脱毛」に関する定義はありません。
上記でご紹介した永久脱毛の定義は、アメリカの「電気脱毛協会」と呼ばれる団体組織が公表しました。
アメリカの「電気脱毛協会」といきなり言われても、なんのことかわかりませんね。

実は電気脱毛協会とは、アメリカ発祥の美容電気脱毛を普及させるために活動している団体のことです。

美容電気脱毛は現在から140年以上昔からある脱毛法

脱毛サロンによる光脱毛クリニックによる医療レーザー脱毛が主流となっている現在では、この美容電気脱毛について知らないという方も多いでしょう。
美容電気脱毛についても簡単に解説しておきましょう。

美容電気脱毛は、今から140年以上前、アメリカの逆さまつ毛の治療法として眼科医によって開発されました。

まつ毛は本来上向きにはえているため、まつ毛が視界を邪魔することはありません。
しかし、逆さまつ毛はまつ毛が目に向かって生えているため、患者は眼球に傷がつき、涙が出る症状に苦しんでいたのです。
美容電気脱毛はこのような目に触れるまつ毛を脱毛するために開発されました。

この方法はまつ毛を抜くだけなら十分に効果はあったものの、他の箇所のムダ毛を脱毛するにはあまりにも施術時間がかかりすぎ、現実的ではありませんでした。
その後は年月をかけて手法が改良され、新たな脱毛法が取り入れられて現在の美容電気脱毛の形となっています。
現在ではムダ毛の毛穴プローブと呼ばれる針を挿入し、微量の電流を流すことで直接毛根破壊する仕組みが主流です。
ムダ毛を1本1本処理するので時間と手間がかかるものの、技術が発達した現代でも最も確実にムダ毛を脱毛できます。

アメリカの「電気脱毛協会」には、この電気美容脱毛の世界中の脱毛士が加盟しており、現在でも美容電気脱毛の普及に努めています。

FDA(米国食品医薬品局)が「永久脱毛」効果を認めたのは「美容電気脱毛」のみ

美容電気脱毛
アメリカにはFDA(米国食品医薬品局)と呼ばれる政府機関が存在し、アメリカ国民が安全な暮らしができるように、商品医薬品医療機器などの製品の安全性や効果を認定する役割を担っています。
FDA(米国食品医薬品局)による厳しい基準をクリアした製品のみが許可をもらうことができ、基準に違反した場合には、取り締まりによって罰則が科されます。

アメリカで140年以上も歴史がある美容電気脱毛には豊富な実績があり、その効果安全性において、FDA(米国食品医薬品局)から唯一永久脱毛がある脱毛法として認定されています。

医療脱毛レーザーが開発されたのは今から20年前に過ぎない

レーザー脱毛

現在では脱毛法として主流であるものの、実は医療脱毛レーザーが開発されたのは1996年のこと。
今からおよそ20年前に過ぎません。

医療レーザー脱毛は、レーザーを照射することで広範囲の毛を一気に脱毛できることがメリット。
ムダ毛1本1本を人の手で処理する美容電気脱毛と比べると、はるかに早くしかも安く脱毛することができます。
またムダ毛の黒い色(メラニン色素)だけに反応するレーザーを照射するため、ムダ毛の毛根だけを破壊でき、施術時の痛みも美容電気脱毛よりもはるかに軽くなりました。
このように医療レーザー脱毛は、美容電気脱毛には無い優れた側面がたくさんあります。
しかし、まだ歴史が浅いため、永久脱毛効果があると言い切るには検証データが不足しているのが実情です。

そもそも永久脱毛は何年検証すればわかるのか?

今や日本人の平均寿命が延び、80歳以上まで生きることも当たり前の世の中となりました。
永久」=「一生」と定義するならば、50年60年以上毛が生えないということを証明しなければいけません。
もしそうだとすると、20年30年毛が生えなくても40年後に毛が生えればそれは永久脱毛では無いということになります。
このような厳密な定義を前提とすると、永久脱毛の効果を検証することはとんでもなく困難になりますね。

このような背景からアメリカの電気脱毛協会では、永久脱毛の定義を『永久脱毛とは、最後の施術から1か月後に生える毛の割合が20%以下であること』としたのです。
定義上では期間を「1ヶ月」となっていますが、一カ月間ムダ毛が生えなければ、実際にはその後もムダ毛が生える確率は低くなります。

「永久脱毛」に変わる新たな概念「永久減毛」とは

永久減毛とは、レーザー照射後「6か月間」期間をおいても「67%以上」の毛が減少した状態を維持できていること

「永久減毛」は医療レーザー脱毛の効果を定義した概念

ジェントルレーズPRO
永久脱毛」は美容電気脱毛における効果として定義されました。
しかし、医療レーザー脱毛の開発と同時に登場した新しい概念が「永久減毛」です。

「永久減毛」は1998年アメリカのハーバード大学の研究グループが発表した新概念

この「永久減毛」という概念は、アンダーソングループが医療レーザー脱毛の研究成果の発表時に、美容電気脱毛と区別するために提唱しました。

美容電気脱毛の「永久脱毛」の定義と比較すると、対象となる期間が「1ヶ月」から「6か月」と長くなり、肝心の脱毛効果に関しても毛の「再生率=生える割合」ではなく「減毛率=減少した割合」として定義されています。

この定義によると、医療レーザーによってムダ毛が無くなるまで脱毛した後、長期間毛が少ない状態のまま維持できればそれは「永久減毛」と言えることになります。

FDAが認可している医療レーザー脱毛器も「永久減毛」基準に基づく

医療脱毛に使用する医療レーザー脱毛機効果安全性を審査しているFDAでも、この「永久減毛」の定義にしたがって脱毛機を認可しています。

つまり、FDAでは「3回レーザー照射後、半年後に67%以上の毛が減った状態を維持できている」脱毛機のみを「永久減毛」効果がある脱毛機として認可し、販売許可を与えているのです。

FDAが脱毛効果と安全性について認可している脱毛機の種類

ライトシェア・デュエット
日本には、FDAが認可した脱毛機を使用しているクリニックもあります。
FDAが認可した脱毛機だから、その性能はお墨付き

要チェック
【医療脱毛】後悔しない脱毛機の選び方を医師がこっそり教えます【初心者向け】

脱毛効果は脱毛機で決まるので、脱毛機選びがとても大切になります。クリニックを選ぶ前に、自分に最適な脱毛機はどれか?その脱毛機はどのクリニックにあるのか知らなければなりません。この記事では初心者向けに、脱毛機の選び方をやさしく解説しています。

続きを見る

なぜ医療レーザー脱毛はFDAに「永久脱毛」として認可されていないのか

医療レーザー脱毛は「永久減毛」と定義されていますが、なぜ「永久脱毛」とすることはできなかったのでしょうか?
それは美容電気脱毛と医療レーザー脱毛の仕組みからくる脱毛効果の確実性の違いにあります。

美容電気脱毛は、”直接”毛穴にプローブを差し込むため毛根を破壊できる確実性が最も高い

美容電気脱毛ではその仕組みからムダ毛の種類を問わず、プローブを毛穴の奥に差し込んで毛根を破壊することができます。
ムダ毛の色が黒くてもそうでなくても、太くても細くても関係ありません。
1本1本確実に脱毛できるという点が医療レーザー脱毛とは異なります。

医療脱毛レーザーはレーザーによる熱で”間接”的に毛根を破壊するため、条件がそろわなければ毛根を破壊できない

しかし、医療脱毛レーザーはムダ毛の黒い色(メラニン色素)に反応させて脱毛させる仕組み。
このためメラニン色素の豊富な黒い毛には多くの熱エネルギーを与えることができますが、産毛など色が薄い毛には反応が少なく、毛根を破壊しきれない場合があります。
このため毛根を破壊できなければ、せっかく照射してもそのムダ毛は再び生えてきてしまいます。
またムダ毛に含まれるメラニン色素(黒い色)の分量は、毛の成長段階によって異なります。
メラニン色素は成長期の毛に最も多く、成長が止まった後の退行期の毛や休止期の毛に照射しても期待したような脱毛効果は得られません。
一方、美容電気脱毛は毛が生えてさえいれば毛の成長段階を問わず、すべての毛を脱毛することが可能です。

このように、医療レーザー脱毛美容電気脱毛と比べると様々な条件をクリアしないと確実に脱毛することができません。
これが医療レーザー脱毛の「永久脱毛」ではなく「永久減毛」とされている理由です。

脱毛サロンの施術や家庭用脱毛器で「永久脱毛」できるのか?

ここまで、美容電気脱毛による「永久脱毛」効果、医療レーザー脱毛による「永久減毛」効果について解説してきました。
脱毛法としては、他にも脱毛サロンの光脱毛や自宅で気軽にできる家庭用脱毛機が存在します。
これらの脱毛には「永久脱毛」効果があるのでしょうか?
脱毛サロン家庭用脱毛機の効果については、厚生労働省が発表した通知による見解がその効果について教えてくれます。

厚生労働省による永久脱毛の見解

およそ20年前医療脱毛レーザーが日本に輸入されると同時に、光脱毛もエステ業界に一気に普及していきました。
こうして多くの女性がサロンやクリニックで脱毛の施術を手軽に受けられる時代がやってきたのです。

しかし、その一方でエステ業界では、施術後に痛みを感じたり火傷を負うなどの事故が頻発し、多くの苦情が行政機関に寄せられていました。
事態を重く見た厚生労働省医事課長は、通知という形で「脱毛行為」について次のような見解を発表しました。

  • 使用する脱毛機が医療用かどうかにかかわらず、レーザーなど強力な光線を毛根に照射して破壊することは、医師免許を持つ者しか許されない
  • 上記の脱毛行為について医師免許を持たないものが仕事として行った場合、医師法17条に違反する
  • 医師または歯科医師看護師の免許を持たない者(脱毛サロンのエステティシャン一般人が該当する)は、医業(その行為によって人体に危害を及ぼす可能性のある行為)を行うことは許されない(医師法17条)

この通知が出される前は、日本ではクリニックの医療脱毛脱毛サロンの施術の違いはあいまいな状態でした。
このためクリニック並みの高い出力で照射する脱毛サロンも多く存在し、当時は脱毛サロンであっても脱毛効果が高かったのです。
しかし、脱毛サロンには医師看護師が勤務していないため、光脱毛の人体への影響に対する知識や技術が不足していました。
このため、高い脱毛効果火傷などのリスクと隣り合わせの状態だったのです。

しかし、この通知によって毛根を破壊できる脱毛行為は医師免許を持つクリニックしか行えないことが明確となりました。
この結果、脱毛サロン業界は自主的に出力を弱めざるを得なくなったのです。

このため、現在の脱毛サロンで行われている施術には「永久脱毛」効果はありません。
現在脱毛サロンで行われている光脱毛は、一時的な抑毛・減毛を目的としたもの。クリニックより弱い光で毛根に少しずつダメージを与え、毛が生える能力を弱らせていきます。
根気強く照射を重ねることでムダ毛が気にならないレベルまで脱毛することが可能ですが、そのためには少なくとも12~18回程度の施術回数が必要です。

一方、一度の照射で毛根を破壊できるクリニックの医療レーザー脱毛では、脱毛完了までに必要な施術回数は5~8回程度
サロンよりもはるかに少ない施術回数で脱毛を完了できます。
また、脱毛サロンの場合、ムダ毛が無くなるまで施術を重ねたとしても、毛根を破壊できない以上数年後に毛が生えてこない保証はありません
これは、家庭用脱毛器にも脱毛サロンと同じことが言えます。
毛根破壊する行為が医師看護師が勤務するクリニック病院でしか行えない以上、素人である一般人が使用する家庭用脱毛器には、火傷のリスクに対して最大限の配慮が必要です。
このため、家庭用脱毛器脱毛サロンよりもさらに出力が弱められ、脱毛サロンよりも照射一回当たりの効果も低いものとなっています。

家庭用脱毛器も繰り返し照射を重ねることでムダ毛がほぼ無い状態まで脱毛することができるものの、毛根を破壊できない以上照射をやめてから毛が生えてこない保証はありません。
要チェック
脱毛サロンの光脱毛機の脱毛効果を機種ごとに徹底調査【医師監修】

料金が手頃なので脱毛サロンで脱毛を始める方は多いと思います。でもサロンによって使用している脱毛機が全然違うのをご存知ですか?
脱毛効果は脱毛機によって大きく差が出ます。この記事では脱毛サロンで使われている光脱毛機について徹底的に調査しました。

続きを見る


要チェック
家庭用脱毛器のトラブルとは?脱毛器の安全性を徹底調査【医師監修】

家庭用脱毛器を使用したときに起こる可能性のあるトラブルとは?トラブルが起きにくい家庭用脱毛器の選び方。こんな時には家庭用脱毛器の使用を控えよう。家庭用脱毛器でトラブルを起こさないためのポイント。

続きを見る

永久脱毛に近づくために必要なこと

施術後ムダ毛が永遠に生えてこない永久脱毛
完全な永久脱毛は難しいですが、現在の医療脱毛では永久脱毛に近い脱毛効果を得ることは可能です。
そのためには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

永久脱毛を期待するなら、第一にクリニックの医療脱毛を選択する

顔脱毛
永久脱毛のような高い脱毛効果を希望するなら、法律で毛根を破壊することが唯一許されているクリニックの医療脱毛を選択しましょう。
脱毛サロン家庭用脱毛器でも、根気強く照射を繰り返せば確かにムダ毛が気にならない程度の肌まで一時的に仕上げることができますが、数年後ムダ毛が生えてくる可能性は否定できません。

時間お金労力を費やしてせっかく脱毛するなら、やはりムダ毛が今後生える可能性が一番低い方法を選択するのが賢明です。

毛周期を守って、施術一回ごとの脱毛効果を最大限高めること

クリニックの医療脱毛では、成長期の毛に照射しなければ期待した脱毛効果は得られません。
短期間に脱毛効果を得ようとすると、短い間隔でクリニックに通いたいと思いがち。
しかし、照射後成長期の毛がまだ生えそろっていない状態で施術を受けても、思い通りの効果は得られません
メラニン色素が少ない退行期の毛は十分にレーザーが反応せず、毛根を破壊できないからです。

じれったいようですが、脱毛効果にこだわるなら毛周期を意識したクリニックの通い方が大切です。

要チェック
【医療脱毛】レーザー脱毛の仕組みについて徹底解説【医師監修】

なぜレーザー脱毛は2、3ヶ月おきに照射しなければならないのでしょうか?もっと早く脱毛を終わらせたいのになぜ?と考える方は多いと思います。この記事では初心者向けに、毛と毛周期、レーザー脱毛の仕組みについてやさしく解説しました。

続きを見る

毛が無くなるまで根気強く通い切ること

ムダ毛が今後生えないようにするには、成長期の毛すべてレーザーを照射する必要があります。
また成長期の毛に照射したとしても、背中などのメラニン色素が少なく細い毛は脱毛効果が表れにくくなります。
また色素沈着の多いIラインOラインは、レーザーが肌に分散するため脱毛効果が下がりやすくなります。

ムダ毛が完全に無い状態まで仕上げたいのであれば、細い毛産毛になった状態からさらに施術を重ねましょう。
特に産毛の多い、色素沈着の多いIラインOラインは8~10回程度の施術回数を覚悟する必要があります。

一方、産毛細い毛が少し残った程度で満足な方なら、クリニックの5回コースで脱毛完了することも可能です。
要チェック
【医療脱毛】医師が教える脱毛をコース内で完了させる4つの秘訣【医師監修】

コース回数内で脱毛を完了させるためには 1.最新型の熱破壊式脱毛機を選ぶこと 2.経験の豊富な看護師のいるクリニックを選ぶこと 3.積極的に麻酔を使い、なるべく高い出力で照射してもらうこと 4.徹底的に日焼けを避けることが大切です。

続きを見る

レーザー脱毛で残った毛は、美容電気脱毛で処理すれば完璧

美容電気脱毛 イラスト
美容電気脱毛140年以上の歴史を誇る最も確実な脱毛法。

FDAが唯一「永久脱毛」効果があると認可している脱毛法にあたります。

1本1本脱毛するので手間がかかるものの、その場で毛が無くなる即効性は、医療脱毛サロンの光脱毛には無いメリット。
美容電気脱毛高額な施術方法ですが、レーザー脱毛でムダ毛の本数を減らして少ない本数だけ最後の仕上げとして利用すれば、費用も大幅に抑えられます。
クリニックなら麻酔が利用できるため、施術時の痛みを軽減することも可能です。

眉毛などレーザーでは照射できない細かい箇所の施術にも、美容電気脱毛はぴったりです。
要チェック
【医療脱毛】永久脱毛を最速・最短で効率よく達成する方法【医師監修】

脱毛に通っている方なら誰でも「永久脱毛」を目指しているはずです。でも、今あなたがやっている方法では「永久脱毛」にたどり着くことは決してありません。この記事では本当の意味の「永久脱毛」に最速で到達するための方法を初心者向けにやさしく解説しています。

続きを見る


要チェック
【永久脱毛】ニードル脱毛(針脱毛)について徹底調査【医師監修】

唯一の永久脱毛であるニードル脱毛(針脱毛)について脱毛初心者向けにやさしく、かつ徹底的に解説しました。
レーザー脱毛が苦手な産毛や白髪、眉毛や色素沈着の多い部位でも確実に脱毛できるニードル脱毛についての疑問を全て解決します。

続きを見る

まとめ

いかがでしたか?今回は「永久脱毛」の定義についてご紹介しました。
一般に浸透している「永久脱毛」のイメージとは随分乖離があると感じた方も多いのではないでしょうか?
美容電気脱毛、クリニックの医療脱毛、脱毛サロンの光脱毛家庭用脱毛器による効果について、最後にもう一度整理しておきましょう。

永久脱毛永久減毛にこだわりのある方は、ぜひクリニックの医療レーザー脱毛美容電気脱毛で、つるすべ肌を手に入れてくださいね。

永久脱毛
効果
永久減毛
効果
一時的な
抑毛・減毛
効果
定義 最後の施術か
1か月後
生える毛の割
合が20%以下
であること
レーザー照射
6か月間
間をおいても
67%以上の毛
が減少した状
態を維持でき
ていること
除毛・減毛を
目的として、
皮膚に負担を
与えず、毛根
を破壊しない
範囲でエステ
サロン等によ
って行われる
もの
効果が当
てはまる
脱毛の種
クリニックの
美容電気脱毛
針脱毛
ニードル脱毛
クリニックの
医療レーザー
脱毛
脱毛サロンの
光脱毛
家庭用脱毛器

要チェック
【医療脱毛】永久脱毛を最速・最短で効率よく達成する方法【医師監修】

脱毛に通っている方なら誰でも「永久脱毛」を目指しているはずです。でも、今あなたがやっている方法では「永久脱毛」にたどり着くことは決してありません。この記事では本当の意味の「永久脱毛」に最速で到達するための方法を初心者向けにやさしく解説しています。

続きを見る


要チェック
医療脱毛と脱毛サロン6つの大きな違い|脱毛効果・脱毛料金・脱毛機【医師監修】

医療脱毛と脱毛サロンでは何がどう違うか、脱毛効果・脱毛料金・脱毛期間・施術者・トラブル対策・痛みについて徹底的に比較しました。当記事は医師である私が、医療脱毛と脱毛サロンの違いを初心者の方でも100%理解できるようにまとめた記事です。

続きを見る


関連記事
脱毛サロン大手8社徹底比較(ミュゼ・銀座カラー・キレイモ・ストラッシュ・脱毛ラボ・恋肌・C3・ラココ)
【医療脱毛】東京で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ16クリニック徹底比較
【医療脱毛】大阪で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ12クリニック徹底比較
【医療脱毛】名古屋で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ7クリニック徹底比較
【医療脱毛】福岡で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ6クリニック徹底比較
【医療脱毛】札幌で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめクリニック徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA