朝の髭剃りがめんどくさい人必見!頻度と時間を減らすコツやラクな剃り方を解説

    朝の髭剃りがめんどくさい、なんとか効率よく済ませる方法はないかと悩んでいる男性は是非この記事を最後までしっかり読んでください。

    髭剃りの正しいやり方・効率よく行うポイント・適切な頻度・朝夜どちらの時間帯がおすすめなのかについて詳しく解説します。

    間違った髭剃りの仕方は肌トラブルや、無駄に髭剃りの時間をかけてしまうことにもつながります。

    髭剃り前後にしなければならないことや、毎朝の髭剃りの手間や時間をカットするために役立つ情報を紹介します。

    気になる項目をチェック

    意外と知らない?髭剃りの正しいやり方とは

    STEP
    【髭剃り前にしておくこと】

    いきなり髭を剃るのではなく、まずは顔を洗顔フォームなどでよく洗っておきましょう。

    顔の皮膚には一見目には見えなくても汚れやほこりなどが付着しています。

    そのままの状態で髭剃りをすると綺麗にムラなく剃ることができなかったり、シェーバーの刃に引っかかって劣化する原因になります。

    そして、洗顔をして肌を清潔にした後には蒸しタオルで温めることをおすすめします。

    蒸しタオルによって髭が温まり柔らかくなると、力を入れなくてもスムーズに剃りやすくなります。

    肌が乾燥した状態で髭を剃ると傷をつけてしまう原因にもなります。

    また、洗顔後に蒸しタオルを当てることで毛穴が開きやすくなり、落とし切れなかった汚れも除去することができ、さらに髭を剃りやすい状態になるのです。

    STEP
    【髭を剃る(順剃り)】

    肌環境を整えたらシェービングを始めます。

    まず、髭の生えている方向に向かって剃ることを「順剃り」と言います。

    最初は順剃りで髭を全体的にシェーバーで剃っていきます。

    STEP
    【髭を剃る(逆剃り)】

    順剃りでは全ての髭を剃ることができず、剃り残しがあることが多いです。

    剃り残しのある部分だけ、髭が生えている向きと逆方向にシェーバーを当てる「逆剃り」をすると効果的です。

    逆剃りは深剃りになりやすいので、最初から髭を逆剃りすることは避けましょう。

    力を入れすぎずに優しくシェーバーを当て、順剃りの時よりも慎重にゆっくり剃ることがポイントです。

    STEP
    【髭を剃る(張り手)】

    順剃りと逆剃りで髭を一通り剃り終えたら、最後に片手で皮膚を伸ばしながら深剃りをする「張り手」という方法で仕上げます。

    普通の状態よりも短い毛も立たせた状態にすることができるので、剃り残しをなくしよりムラなく滑らかに仕上がり青髭や、これから生えてくる髭が濃く見えるのを防ぐことができます。

    STEP
    【アフターケア】

    髭剃りをしてからのアフターケアも大切です。

    シェービングジェル・フォームや肌に残っている剃った後の髭などを、水で綺麗に洗い流しましょう。

    髭剃りは肌に負担をかけるので、髭剃り後の肌には見えない傷やダメージがある状態です。

    アフターシェービングローションを使ってしっかり保湿ケアを行う必要があります。

    普通の化粧水でも保湿ケアはできますが、アフターシェービングローションは髭剃り後の毛穴の引き締め効果があるのでおすすめです。

    ラクしたい!朝のめんどうな髭剃りを効率よく行う5つのポイント

    毎朝の髭剃りがめんどうで時間をかけていられない、という男性のために、忙しい時でも効率よく髭剃りをするポイントをアドバイスします。

    夜に髭剃りを行う

    朝に髭剃りに時間をかけたくないのであれば、夜の時間のある時にゆっくりお手入れをするという方法があります。

    特に夜に入浴をするタイミングで行えば、わざわざ髭剃りのためだけに顔を洗う手間も省くことができます。

    通常髭剃りの前には蒸しタオルで顔を温めることが推奨されていますが、入浴中は体が温まっているのでより毛穴も開いた状態で髭剃りをするのにベストな状態となっていると考えられます。

    朝の出勤前などの慌ただしい時間帯に髭剃りをすると、洗顔やアフターケアに時間をかける余裕がなく、ついお手入れが不十分になり肌トラブルにもつながりやすいです。

    朝の髭剃りが面倒に感じるという人は、お手入れを夜の入浴時にするように習慣を変えてみてください。

    髭剃りの道具を見直す

    朝に髭剃りをしようとすると、時間がなくてつい深剃りをしてしまい肌に傷をつけてしまうことがあります。

    アフターケアも疎かになりやすいので肌トラブルにもつながります。

    朝の忙しい時間帯にスムーズに髭剃りをしたいなら、使いやすい道具に変えてみるという方法があります。

    髭剃りに電気シェーバーを使う男性は多いですが、髭の濃い男性には深剃りがしやすい往復式の電気シェーバーが向いています。

    ただし、このタイプのシェーバーは深剃りができる分肌への負担が大きいというデメリットがあります。

    肌が弱くて深剃りをしたくないという男性には、回転式の電気シェーバーがおすすめです。

    立体的な構造のヘッドで柔らかい髭や癖のある髭もスムーズにカットすることができ、短時間で見た目を綺麗に仕上げることができます。

    これまで使用していた電気シェーバーが往復式で肌トラブルに悩まされていた、という場合には回転式の電気シェーバーに変えてみましょう。

    また、とにかく短時間で髭剃りを終わらせたい、という場合には刃の枚数が多い電気シェーバーがおすすめです。

    刃の枚数が多いと肌にかかる負荷が分散されるためトラブルが起こりにくいというメリットもあります。

    泡立ちの少ないシェービング材を活用する

    髭剃りをする時にはシェービングジェルやシェービングフォームを使用しますが、髭を剃り終えた後に綺麗に洗い流す必要があります。

    そのため、泡立ちやすい・ベタつきやヌルつきが残りやすいシェービング材を使用すると髭剃り後にも落とすまでの手間や時間がかかります。

    時間がないからといって十分に落としきれないままでいると、不快感を感じたり肌トラブルの原因にもなります。

    朝髭剃りをしてからなるべく短時間で家を出たいのであれば、泡立ちが少ない・すっきりと洗い流すことができるシェービング剤を使用することをおすすめします。

    抑毛ローションを活用する

    普段のお手入れで髭剃りにかける時間を減らすには、抑毛ローションを活用するという方法があります。

    髭剃りをしてから抑毛ローションでケアをすることで、毛が生えてくるスピードを遅くするという効果が期待できます。

    抑毛ローション自体には脱毛・除毛の効果はありませんが、毛の成長が遅くなることで髭が薄くなり、朝の髭剃りを短時間で終えることができるようになります。

    毛の生えるスピードを緩やかにすることができるだけではなく、保湿効果や抗酸化作用もあるので髭剃りをしながら美肌にもなれるというメリットがあります。

    脱毛サロン・クリニックを活用する

    毎朝の髭剃りに時間をかけたくない、面倒な自己処理から解放されたいと希望するのであれば、脱毛サロン・クリニックに通ってヒゲ脱毛をするのがおすすめです。

    脱毛サロンの光脱毛なら8〜10回でヒゲが薄くなります。

    クリニックの医療脱毛なら5回程度で薄くなり、15回ほど通えば永久脱毛の効果も期待できます。

    光脱毛は通うのをやめればまた生えてきますが、医療脱毛ならもうほぼ生えてこない状態にすることができるので、毎朝の髭剃りが不要になるという大きなメリットがあります。

    髭剃りをしなくてすむようになるので、肌トラブルとも無縁になります。

    デメリットとしては費用が高額になることが多い点、個人差はあるものの痛みを感じやすいという点が挙げられます。

    髭を剃るのは1日に1回がいい?頻度の目安

    髭を剃るベストな頻度については、髭の濃さや生えるスピードに個人差があるため一概には言い切ることはできません。

    ただ、目安としては1日1回程度にしておくことをおすすめします。

    毎朝髭剃りをしているという男性は多いですが、夕方にはまた生えてきてしまい1日2回剃らないと気になってしまうという男性もいます。

    しかし、カミソリや電気シェーバーの刃で頻繁に髭剃りをすると肌にかかる負担が大きくなり、肌荒れなどトラブルにもつながります。

    特に元から敏感肌だったり肌が弱い男性は髭剃りによる肌へのダメージを受けやすいので、2〜3日に1度というように間隔をあけた方が良いでしょう。

    たとえば週末や休暇中などで髭が生えていても構わない日は髭剃りをしなければ肌を休めることができます。

    髭剃りの頻度を減らすためには、1回でしっかり剃り残しのないように剃ることを心がけましょう。

    また、抑毛ローションを使ったり脱毛サロンやクリニックでヒゲ脱毛をすることで髭脱毛の頻度を減らすことができます。

    髭剃りにおすすめの時間は朝夜どっち?

    髭剃りは朝と夜どちらの時間帯にするのが適しているのかについて、理由も合わせて説明します。

    朝に髭剃りが向いている人とは

    朝に髭を剃るメリットは、睡眠をとった後で肌にハリがありカミソリ負けしにくいという点が挙げられます。

    また、髭は1日のうちで朝起きてから3時間の間に伸びやすいとされています。

    髭が濃い時間帯に剃っておくとベストな状態を長時間キープできると考えられます。

    ただし、夜しっかり熟睡することができて朝の肌状態が良い男性には朝の髭剃りが向いていますが、夜たくさんお酒を飲んだり睡眠不足になりやすい、朝起きた時に顔が浮腫んでいることが多い男性は、朝の肌のコンディションが悪いためかえって逆効果です。

    特に浮腫んだ状態だと、髭が肌に埋もれていて綺麗に剃れないことがありますし、無理に深剃りをしようとして肌トラブルを起こすことがあります。

    朝の時間帯に準備からアフターケアまでしっかり余裕を持って髭剃りの時間を確保することができ、起きた時の肌状態が良いという男性には朝に髭剃りをすることが向いています。

    夜に髭剃りが向いている人とは

    髭剃りは一般的に夜より朝の方が向いています。

    その理由は、夜に髭剃りをしても朝までにまた生えてきてしまうことが挙げられます。

    ただし、朝は忙しくて髭剃りの時間がないという男性も多いです。

    短時間で慌てて髭剃りをしようとすると、剃り残しがあったりアフターケアが不十分になるなどのデメリットがあります。

    朝の時間帯にゆっくり髭剃りをする時間がない、夜から朝まで髭の伸びるスピードが速くないという男性であれば、朝にこだわらず夜に髭剃りをした方が良いでしょう。

    特に夜の入浴中に髭剃りをすれば、皮膚に付着した汚れが落ちて毛穴が開いた状態なので綺麗に剃ることができます。

    時間を気にすることなくお手入れをすることができ、髭剃り後の保湿ケアも丁寧に行うことができます。

    髭の伸びるスピードが遅い、お手入れにゆっくり時間をかけたいという男性には朝よりも夜の髭剃りが向いています。

    【結論】朝のめんどくさい髭剃りを効率よく行う方法を踏まえて自分に合ったやり方を選ぼう!

    髭剃りの正しいやり方・効率よく行うポイント・適切な頻度・朝夜どちらの時間帯がおすすめかについてまとめました。

    髭剃りは剃る前の準備とアフターケアも重要です。

    髭を剃る時間帯については朝が一般的ですが、髭の生えるスピードや朝の時間の余裕などには個人差もあるので、人によっては夜に剃るという方法が向いている場合もあります。

    また、毎日の髭剃りがめんどくさい、手間や時間を省きたいと考えているのであれば脱毛サロンやクリニックでヒゲ脱毛をするのもおすすめです。

    この記事で読んだ内容を参考にして、ライフスタイルに合わせて自分に合った髭のお手入れ方法を見つけてください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    ヒゲやムダ毛に悩む世の男性のために、メンズ脱毛について調査・分析を行っています。

    コメント

    コメントする

    気になる項目をチェック