AGA治療とヒゲ脱毛は同時に進められる?ミノキシジルの影響や組み合わせる際の注意点も解説

    AGA治療とヒゲ脱毛を同時に行いたいと希望しても、「AGA治療をしたら髭脱毛に影響するのではないか」「AGA治療とヒゲ脱毛は同時にできないのではないか」という疑問や不安を抱く男性もいるはずです。

    この記事では、AGA治療とヒゲ脱毛を同時にするために知っておきたい情報を紹介します。

    最後まで読めば、疑問や不安を解決してAGA治療とヒゲ脱毛を同時に行うことができます。

    おすすめのクリニックの情報も紹介するので是非参考にしてください。

    気になる項目をチェック

    AGA治療とヒゲ脱毛は同時にできる?

    AGA治療(薄毛治療)とヒゲ脱毛は男性の間で需要が多い治療です。

    ただ、薄毛を改善するための治療と毛を生えてこなくするための治療は一見真逆の治療のようにも思えるので、同時にすることは可能なのか?と疑問に感じることもあるでしょう。

    その疑問に対しての回答は、「同時にすることは可能」です。

    医学的にAGA治療(薄毛治療)とヒゲ脱毛を同時に行うことには問題がなく、健康面に悪影響をもたらすようなリスクもありません。

    ただし、AGA治療で使われる薬剤にはさまざまな種類があり、クリニックによっても治療で使用する薬剤は異なります。

    薬剤の中には、ヒゲ脱毛を含むレーザー脱毛の効果を弱めてしまう種類のものもあるのが事実です。

    そのため、AGA治療とヒゲ脱毛を同時に行う場合には効果を弱めることのない薬剤を使用しているクリニックを選ぶ必要があります。

    AGA治療をするとヒゲは濃くなる?ヒゲ脱毛への影響について

    AGA治療をすることによりヒゲは濃くなるのか・ヒゲ脱毛にどのような影響があるのかについて説明します。

    AGA治療の塗り薬やレーザー治療ではヒゲは濃くならない

    AGA治療の中には、塗り薬を使って発毛を促す治療や、低出力レーザーを照射することで細胞を活性化するという治療があります。

    これらの治療方法は、薬を塗布した部分・レーザーを照射した部分に限定的に効果が期待できるものなので、体の他の部分の毛を濃くするような作用はありません。

    そのため、ヒゲ脱毛をしている期間に同時に行っても影響を及ぼすことがありません。

    もし事情によりAGA治療とヒゲ脱毛を同時期に行わなければならないという場合には、塗り薬やレーザー治療といった局所的にしか作用しない治療方法を選ぶと安心です。

    AGA治療の一部の飲み薬ではヒゲ脱毛効果が弱くなる可能性がある

    AGA治療の中でも塗り薬やレーザー治療は作用する部分が発毛を促したい部分のみとなりますが、飲み薬を使った治療はヒゲ脱毛にも影響を及ぼすことがあります。

    全ての飲み薬がヒゲ脱毛の効果を弱めるというわけではありませんが、一部の飲み薬には毛母細胞にはたらきかけることで頭皮以外の発毛も促すという作用があります。

    そのような飲み薬を服用するとヒゲや体毛が濃くなりやすく、ヒゲ脱毛をしても効果が少なくなってしまいます。

    逆に、男性ホルモンを抑える飲み薬には、頭皮の毛を増やし体毛を減らす効果があるので、こちらの薬を使用しているクリニックを選べば問題はありません。

    ヒゲ脱毛の効果を弱めるおそれのある飲み薬については後ほど詳しく解説します。

    AGA治療中にヒゲ脱毛の効果が弱まる理由

    AGA治療中にヒゲ脱毛をするとなぜ効果が弱まってしまうのかについて、具体的な理由を説明します。

    ミノキシジルの服用により毛細胞の再生力が高まっている

    AGA治療で使用する飲み薬の中にミノキシジルという薬があります。

    この薬は服用することで、血管が広がり血流が良くなるという効果があり、頭皮の発毛も促進されるという効果が期待できます。

    ただし、飲み薬なので頭皮だけではなく全身の血管に作用するという注意点があります。

    つまり、頭皮以外の部分の発毛も促進してしまう効果があるのです。

    ヒゲ脱毛をしている期間にミノキシジルの飲み薬を使用したAGA治療を同時に行うと、ヒゲの発毛組織も活性化されてしまうため、脱毛の施術を受けても効果が弱まり意味がなくなってしまうのです。

    光脱毛機器を使用している

    AGA治療と同時にヒゲ脱毛を行っていて、なかなかヒゲ脱毛の方は効果があらわれないと感じる場合、それは必ずしもAGA治療による影響のためであるとは限りません。

    ヒゲ脱毛にはクリニックで行われている医療レーザー脱毛と、サロンで行われている光脱毛があります。

    医療レーザー脱毛は短期間・少ない回数でも効果が現れやすいというメリットがありますが、光脱毛はそれに比べて効果に満足できるまでにかなりの期間と施術回数が必要となります。

    医療レーザー脱毛は一定回数照射を行うとほとんど毛が生えてこなくなる永久脱毛が可能ですが、光脱毛は一時的に毛を薄くするのみで通うのをやめるとまた生えてきてしまいます。

    ヒゲ脱毛の効果が弱いと感じる理由は、AGA治療と同時に行っているからではなく、光脱毛を選んでいるからということも考えられます。

    ヒゲ脱毛の回数が少ない

    AGA治療中にヒゲ脱毛をしてみたけれど、脱毛効果があまり感じられないという場合、そもそもまだ施術を受けた回数が少ないという理由が考えられます。

    ヒゲ脱毛は、クリニックの医療レーザー脱毛でも薄くなったと感じられるまでには5回程度、サロンの光脱毛なら8〜10回程度は施術を受ける必要があります。

    さらに、ツルツル肌になるには医療レーザー脱毛なら15回程度、光脱毛なら25回程度は施術を受けなければなりません。

    まだヒゲ脱毛に通い始めて間もないのであれば、効果が感じられないのはAGA治療のせいというよりも、十分な回数の施術を受けていないからといえます。

    休止期が終了したヒゲが生える

    ヒゲ脱毛では、毛周期に合わせてレーザーや光を照射することで効果が得られます。

    毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」という3つの周期があります。

    施術によって脱毛効果が期待できるのは成長期の毛です。

    ヒゲは成長期に入る前に退行期・休止期が1ヶ月あります。

    ヒゲの生える周期は全て同じではないので、施術を受けても退行期・休止期の毛には効果がなくまた成長期になると生えてきます。

    ヒゲ脱毛をしたのに毛が生えてくる、AGA治療をしているせいで生えてくるのではないか、と考える人もいるかもしれませんが、毛周期が理由となっている可能性があります。

    繰り返し施術を行うことで、現在生えてきているヒゲにも脱毛効果が現れるので心配はありません。

    AGAの治療内容ごとにヒゲ脱毛に影響があるのか見てみよう

    AGAの治療内容ごとのヒゲ脱毛への影響の有無や、どのような影響があるのかについて詳しく解説します。

    フィナステリドの飲み薬

    フィナステリドの飲み薬は、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制する効果があります。

    男性ホルモンの過剰な分泌を阻害することにより、頭皮の抜け毛を防ぐとともにヒゲなどの体毛は薄くなるという作用があるので、ヒゲ脱毛と同時に行っても効果を弱めるという心配がありません。

    フィナステリドはFDA、厚労省で認可済みの有効成分ですが、ジェネリックも多く日本で認可されていないものもあるので、医師に確認して納得した上で使用する必要があります。

    また、AGA治療においては抜け毛を防ぐ効果が期待できますが発毛を促す効果はないため、他の薬剤や治療方法と併用する場合もあります。

    デュタステリドの飲み薬

    デュタステリドの飲み薬もフィナステリドと同じで男性ホルモンを抑制する働きがあります。

    ヒゲを含む体毛を薄くする効果のある成分なので、ヒゲ脱毛をしている期間に服用してもヒゲが濃くなるという心配はありません。

    フィナステリドは男性ホルモンを作り出す1種類の酵素のみにはたらきかける効果がありますが、デュタステリドは2種類の酵素にはたらきかける作用ががあるので、フィナステリドよりもAGAの進行を食い止める効果が高いとされています。

    効果が高い分副作用も多い薬なので、医師とよく相談した上で使用する必要があります。

    ミノキシジルの飲み薬

    ミノキシジルの飲み薬は、服用することで全身の動脈を広げて血行を促進する効果があります。

    血流が良くなることで頭皮の発毛も促進されます。

    ただし、全身に効果が現れるためヒゲ脱毛にも影響を及ぼすという注意点があります。

    既に毛根を破壊されたヒゲが生えてくるという影響はないものの、休止期や退行期のヒゲはまだこれから生えてくるので、ミノキシジルによって成長を促進されさらに太い毛が生えてくるという可能性があります。

    そのため、ヒゲ脱毛をしているのにヒゲが前より濃くなってしまうという現象が起こりかねません。

    また、ミノキシジルは本来は高血圧の治療に使われた薬剤でもあり、低血圧の人などは副作用にも注意が必要です。

    ミノキシジルの塗り薬

    ミノキシジルの飲み薬はヒゲ脱毛の効果に影響をもたらす作用があるため、併用することは避けなければなりません。

    ただし、同じミノキシジルでも塗り薬であればヒゲ脱毛をしている期間でも使用することができます。

    塗り薬は内服するわけではなく、頭皮に直接塗布することでその部分の発毛を促進する効果があります。

    つまり、全身の血管に作用することはないのでヒゲが濃くなる心配はなく、ヒゲ脱毛をしていても影響をもたらすことはありません。

    飲み薬と比較して副作用が少ないこともメリットです。

    ただ、飲み薬と比べるとAGA治療の効果は弱いので、十分な効果が感じられない場合には飲み薬での治療も検討する必要があります。

    低出力レーザー照射

    AGA治療には、頭皮に低出力レーザーを照射することで毛細胞にはたらきかけ発毛を促すという方法があります。

    こちらは飲み薬とは異なり、照射を行った頭皮にのみ作用するため全身に影響をもたらすことがなく、ヒゲ脱毛と同時に行っても問題はありません。

    副作用が少ないことから、体質的に飲み薬が合わない人でも選択できる治療法でもあります。

    ただし、飲み薬と比べると治療効果が低いというデメリットもあります。

    ヒゲ脱毛とAGA治療が同時に行えるおすすめクリニック6選

    ヒゲ脱毛とAGA治療を同時に行うことが可能なおすすめのクリニックについて、メリット・デメリットも含めて紹介します。

    ゴリラクリニック

    男性ホルモンを抑制するはたらきのあるフィナステリド・デュタステリドを使用した飲み薬による治療を行っていて、ヒゲ脱毛の効果を弱める心配がありません。

    また、発毛を促進する目的でミノキシジルの外用薬も使用していて、こちらもヒゲ脱毛に影響を及ぼすことがないので同時進行での治療が可能です。

    さらに、治療部位に成長因子という発毛促進効果のあるタンパク質の注入治療も行っています。

    全額返金保証もあるのでヒゲ脱毛と同時の治療で効果に不安がある場合でも安心です。

    ヒゲ脱毛はヤグレーザーをはじめとした複数の最新のレーザー脱毛機を完備し、一人一人に合わせた最適な施術を行っています。

    メリット
    • ヒゲ脱毛に影響のない飲み薬を使用している
    • ヒゲ脱毛に影響のない塗り薬も使用できる
    • 直接成長因子を注入する治療方法でヒゲ脱毛をしながらも高い効果が期待できる
    デメリット
    • 20歳未満ではAGA治療は受けられない
    • 注入治療には痛みがある

    湘南美容クリニック

    AGA治療では初回からオンライン診療が可能で、来院しなくても薬を受け取ることができます。

    ヒゲ脱毛とAGA治療を同時にしたいけれど何度も来院するのは大変、という男性に便利です。

    AGA治療専門のドクターが全国に在籍しているので高い効果が期待できます。

    ヒゲ脱毛と同時に使用しても問題のないフィナステリドでAGAの進行を食い止める治療を行います。

    フィナステリドが国内で唯一含まれている外用薬での治療も可能です。

    ヒゲ脱毛では世界初の水ミストによる冷却システムを搭載した脱毛機を使用し、高い効果と痛みの軽減を両立しています。

    メリット
    • オンライン診療が可能なので来院はヒゲ脱毛のみでOK
    • 国内唯一のフィナステリドの外用薬がある
    • AGA治療専門医が全国に在籍している
    デメリット
    • 発毛を促すためにはミノキシジルの内服薬も必要
    • 全てのクリニックがAGA専門のクリニックというわけではない

    イデア美容皮膚科クリニック

    投薬治療だけではなくメソセラピーを活用したAGA治療も行っていて、10年以上の豊富な実績から一人一人に合った治療法、ヒゲ脱毛とも同時にできるさまざまな治療法を提案してもらうことができます。

    オリジナルの痛みを伴わない発毛促進点滴もあり、飲み薬が苦手な男性にも効果的です。

    1ヶ月から始められるメニューもあるので、短期間だけ試してみたいという場合にもおすすめです。

    ヒゲ脱毛は痛みの少ない脱毛機を使用していて、3部位5回コースが月々1,800円〜、顔全体でも月々3,800円〜でスタートすることができます。

    メリット
    • 投薬治療以外にもヒゲ脱毛と同時にできるAGA治療方法が豊富
    • オリジナルの発毛促進点滴もある
    • 1ヶ月から気軽にお試しもできる
    デメリット
    • クリニックが少なく一部の地域からしか通えない
    • 男性専用のクリニックではない

    TCB東京中央美容外科

    1,840円からというリーズナブルな価格でAGA治療ができるので、ヒゲ脱毛と同時に行っても費用をおさえることができます。

    全額返金保証制度もあるので、費用に見合った効果があるのか心配な場合でも安心です。

    ヒゲ脱毛の効果に影響しないフィナステリド・デュタステリドの内服薬やミノキシジルの外用薬もあります。

    AGA専門外来のある院も多数あり、プライバシーに配慮した空間でカウンセリング・診察が可能です。

    ヒゲ脱毛は熱破壊式・蓄熱式の2種類のレーザー脱毛機を完備し、肌質や毛質に合わせた施術を行っています。

    メリット
    • 低料金でヒゲ脱毛と同時に始めやすい
    • ヒゲ脱毛に影響しない治療薬を使用できる
    • プライバシーが守られていて他の人と会わずに診察を受けることができる
    デメリット
    • AGA専門外来は全てのクリニックにあるわけではない
    • オンライン診療は行っていない

    プラウドクリニック

    3ヶ月に1回の通院でOKなので、忙しい男性でもヒゲ脱毛と同時に通いやすいクリニックです。

    完全予約制なので待たされるストレスもなく、若い男性でも抵抗を感じることなく通院できます。

    ヒゲ脱毛に影響のないフィナステリド内服薬を使用した治療が可能です。

    ヒゲ脱毛は月々2,800円からの支払いで通えるので、AGA治療と同時でも費用面での負担が少ないのが魅力で、バルジ領域と毛乳頭に同時に複合波長を照射できる脱毛機を使用しているため短期間で高い効果を実感できます。

    メリット
    • AGA治療は3ヶ月に1度の通院でOK
    • ヒゲ脱毛に影響のない薬を使用できる
    • 無理のない月額払いでヒゲ脱毛ができる
    デメリット
    • AGA治療を行っているのは渋谷院のみ
    • 初診料・再診料などの費用がかかる

    高須クリニック

    一般的な内服薬・塗り薬での治療の他に、育毛メソセラピー・第三種再生医療・ACRS育毛治療・脂肪幹細胞注入など多彩なAGA治療を行っていて、ヒゲ脱毛と同時にできるAGA治療の選択肢が豊富です。

    ヒゲ脱毛3部位はお得な1年間フリープランもあるので、AGA治療をしながらじっくり通うことができます。

    3種類の脱毛機を使い分けることで、さまざまなタイプの肌質・毛質で高い効果を実現しています。

    メール相談や再診専用フリーダイヤルも利用できるので、治療に疑問や不安を感じてもすぐに解決することができます。

    メリット
    • 他院にはない豊富なAGA治療法がある
    • ヒゲ脱毛で1年間フリープランがある
    • メール相談や再診専用フリーダイヤルですぐに相談できる
    デメリット
    • 一般的な飲み薬・塗り薬以外の治療法は費用が高額になる
    • クリニックがあるのは一部の地域に限られている

    AGA治療とヒゲ脱毛を同時に行う際に押さえるべき3つのポイント

    AGA治療とヒゲ脱毛を同時に行う際に、押さえておかなければならない3つのポイントについてアドバイスします。

    自分の体質や毛質に合った治療法を選ぶ

    AGA治療にはさまざまな方法がありますが、全ての治療法が自分に合うとは限りません。

    自分の体質や毛質に合わない治療法をいくら続けていても効果は期待できません。

    たとえば、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぐ治療方法にはフィナステリドとデュタステリドの内服薬があります。

    しかし、フィナステリドは5αリダクターゼというAGAを引き起こす酵素のⅡ型にしか効果が現れません。

    頭髪検査をして5αリダクターゼのⅠ型が多い男性には効果がないので、デュタステリドが成分となった内服薬を使用する必要があります。

    また、フィナステリドとデュタステリドには抜け毛の進行をおさえるはたらきはありますが、発毛を促す効果はありません。

    発毛を促進させるためにはミノキシジルが有効ですが、内服薬はヒゲ脱毛の効果を弱めるため他の治療法を検討しなければなりません。

    ミノキシジルは塗り薬であればヒゲ脱毛との同時進行が可能

    ミノキシジルは全身の動脈を拡張し、血流を良くすることで発毛を促す効果があります。

    そのため、ヒゲ脱毛と同時にミノキシジルの内服薬を使った治療を行うと、ヒゲも濃くなる可能性があり脱毛の効果を弱めてしまいます。

    ただし、ミノキシジルには塗り薬もあります。

    塗り薬であれば、塗った部分にしか作用しないので全身に影響することはなく、ヒゲ脱毛と同時に使用しても問題はありません。

    ヒゲ脱毛と同時にミノキシジルを使用したAGA治療を行いたいと考えるなら、飲み薬ではなく塗り薬を使いましょう。

    AGA治療は局所治療がおすすめ

    ヒゲ脱毛と同時に使用しても問題のない飲み薬にはフィナステリドとデュタステリドがありますが、これらの薬には抜け毛の進行を防ぐ効果はあるものの発毛を促進する効果は期待できません。

    かといって発毛効果のあるミノキシジルを使用するとヒゲ脱毛の効果を弱めてしまいます。

    ヒゲ脱毛と同時にAGA治療を積極的に行うのなら、飲み薬ではなく局所治療をおすすめします。

    局所治療で代表的な方法は、ミノキシジルの塗り薬を使った方法や、低出力レーザーを照射する方法です。

    他にもクリニックによってはさまざまなAGA治療を行っているので、自分にあった治療法があるクリニックを選ぶことが大切です。

    【結論】AGA治療とヒゲ脱毛は組み合わせに気をつければ同時にできる!

    AGA治療とヒゲ脱毛は同時にできるのか・AGA治療がヒゲ脱毛に与える影響・主な治療内容と影響・AGA治療とヒゲ脱毛が同時にできるおすすめのクリニック・おさえるべきポイントについて一通りまとめました。

    AGA治療とヒゲ脱毛は、組み合わせにさえ気をつければ同時に行うことが可能です。

    薬剤によってはヒゲ脱毛の効果を弱めてしまうことがあるので、医師にヒゲ脱毛と同時に行いたいということを伝え、最適な治療方法を提案してもらいましょう。

    AGA治療にはさまざまな薬剤や方法があるので、自分に合った治療方法を選ぶことができるクリニックを選ぶことが大切です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    ヒゲやムダ毛に悩む世の男性のために、メンズ脱毛について調査・分析を行っています。

    コメント

    コメントする

    気になる項目をチェック