除毛クリームのメリット・デメリットとオススメの除毛クリーム徹底解説

脱毛の窓口 除毛クリームのオススメは?口コミまとめ

つるみ先生、除毛クリームって知ってますか?
クリームを塗ってしばらく放置すると、拭き取りすると、毛がスルスルっとなくなるって聞いて、気になっているんです。

手軽にできて、使用後の肌もツルツルになるということで、若い方を中心に人気がありますね。
最近は肌に優しいものや、デリケートゾーンに使用できるタイプのものなど種類が豊富なんです。

そうなんですね! ますます試したくなってきました。
つるみ先生、オススメの除毛クリームはありますか?

そうですね。れいあさんはどの部分に使ってみたいのですか?

う〜ん。できれば全身で、でも、初めはお試しで腕とか足とかから始めてみたいです。

カミソリでの処理と違って塗って拭き取りをするだけで手軽に除毛できるので、楽チンなのですが、肌が弱い方や敏感な部分はその方や部分にあった除毛クリームを選ぶ必要があります。
今日は除毛クリームのメリット、デメリット、また、実際に使っている方の口コミなども含めて見ていきましょう!

  1. 除毛クリームとは?
  2. 除毛クリームのメリット
  3. 除毛クリームのデメリット
  4. 除毛クリームを使っている人の口コミ
  5. オススメの除毛クリーム
  6. まとめ

除毛クリームとは?

皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、毛はタンパク質でできています。
クリームの中に、チオグリコール酸カルシウムという成分が入っており、その成分が毛に含まれているケラチンタンパク質を分解するため、毛が溶けて脱毛する、という仕組みのものです。
これは毛根などには作用せず、あくまでも表面に出ている毛に作用します
各除毛クリームによって放置時間など細かなことは異なりますが、基本的な使い方として、

  1. 脱毛クリームを脱毛したい部分に均等に塗る。
  2. クリームを塗った部分にラップを巻く。
  3. 5〜15分(各除毛クリームによって異なる)放置する。
  4. その除毛クリームに合った方法で拭き取る。(クリーム付属のスポンジでクルクル円を描きながら拭き取る方法や、タオルやティッシュで拭き取る方法があります。)
  5.  全てのクリームを拭き取ったら、シャワーで洗い流す。

となります。

除毛クリームのメリット

ムダ毛の処理って、レーザー脱毛などのクリニックで行うものや、毛抜き、カミソリでの毛剃りなどの自宅で行うものなどありますよね?
その中で、除毛クリーム使用するメリットって何でしょうか?

はい、順番にご紹介しますね!

除毛クリームのメリット

  1. 自宅で手軽にできる
  2. 毛の先が尖らないので、肌触り滑らかで、毛が伸びてきてもチクチクしない
  3. カミソリで肌を切ってしまうなど怪我のリスクがない
  4. 膝や肘などのカーブしている部分の除毛がしやすい
  5. どのタイプの毛質でも使用できる
  6. デリケートゾーン(Vライン)使用可能のものだったら、デリケートゾーンのお手入れができる
  7. 保湿成分配合のクリームは除毛と合わせて美肌を目指せる
1つずつ見ていきましょう。

自宅で手軽にできる

クリニックやサロンでの脱毛は予約して施術を受けにその場所まで行かなくてはなりません。
しかし、除毛クリームでの自己処理であればそのクリームを購入し、ティッシュやタオル、ラップなどを用意すれば簡単に自宅で行うことができます。

毛の先が尖らないので、肌触り滑らかで、毛が伸びてきてもチクチクしない

カミソリで剃った後数日経つと、見た目も手触りもチクチクとして気になったことがありますよね。
カミソリで毛を剃ると、先端が鋭くなってしまうため、どうしても毛が伸びてくるとチクチクしてしまいます。
除毛クリームは毛を溶かすため、毛の先端が丸くなるため、伸びてきてもチクチクとした手触りが気にならなくなります。

カミソリで肌を切ってしまうなど怪我のリスクがない

カミソリで剃っている時に誤って肌を傷つけてしまい、血が出てしまった、なんてことはないでしょうか?
石鹸をつけているためしみて痛いし、血が止まらない、なんてことも…。
除毛クリームであれば、塗って拭き取るだけなので、そんな怪我のリスクはありません。
たまにカミソリで切ってしまって痛い思いをしていた方にオススメです。

膝や肘などのカーブしている部分の除毛がしやすい

ひじ 除毛クリーム
カミソリや脱毛テープなどでの自己処理の場合、膝や肘などはカーブしていたり、膝、肘は伸ばすと皮膚が重なるため、どうしてもやりずらいですよね。
その点、除毛クリームはしっかり浸透しさえすれば、カーブしている難しい部位もスルッと除毛できます。

どのタイプの毛質でも使用できる

人によっては太くてしっかりした毛であったり、薄い産毛のような毛であったり様々です。
毛はタンパク質であることに変わりないので、どのようなタイプの毛質の方であっても基本的には問題なく使用できます。
白髪でレーザー脱毛が受けられないと思っている方も、除毛クリームは色素は関係ないので、簡単に自己処理することが可能です。

デリケートゾーン(Vライン)使用可能のものだったら、デリケートゾーンのお手入れもできる

デリケートゾーンを自己処理する場合、カミソリだと傷つけてしまいそうで怖いし、毛が濃いからポツポツと毛穴が目立ってしまいそう、脱毛テープやワックスは痛みがありそうで怖い、と思っている方に特にオススメです。
最近ではデリケートゾーンも使用可能な除毛クリームがありますので、痛みのリスクもなく、塗って拭き取るだけで簡単にデリケートゾーンの自己処理ができます。
粘膜への塗布は基本的にできないので、I・O部位へは使用しないようにしましょう。

保湿成分配合のクリームは除毛と合わせて美肌を目指せる

なんとなく、除毛クリームは肌が荒れそうと思っている方に朗報です。
最近は保湿成分や美肌成分など、肌が潤ったり、肌に優しいタイプの除毛クリームも発売されています。
そういったタイプのものを選べば、毛がなくなることに合わせて、スベスベ美肌効果が期待できるでしょう。

こんなにいっぱいメリットがあるんですね!

上手に使えばとても効果的な除毛方法ですね。

除毛クリームのデメリット

こんなにメリットばっかりですが、デメリットもあるのですか?

どんなにいいものでもデメリットはあります。
使用する上で、デメリットのこともしっかり頭に入れておかなければなりません。

除毛クリームのデメリット

  1. 敏感肌の方は使用後肌荒れのリスクがある
  2. 顔には使用できない
  3. クリームを塗ってからの放置時間(5〜15分ほど)がある
  4. 除毛クリーム独特の刺激臭がする
  5. 商品のコストがかかる
  6. 髪の毛にクリームが付くと、溶けてしまうリスクがある
一つずつ見ていきましょう。

敏感肌の方は使用後肌荒れのリスクがある

いくら肌に優しい成分が配合されているとはいえ、化学物質であるため、人によってはアレルギーを起こしてしまう可能性があります。
いきなり使用するのではなく、必ずパッチテストでアレルギー反応が出ないかどうか確認してから使用するようにしてください。
また、パッチテストで大丈夫であっても、体調が悪い時や生理中などのお肌が敏感な時は肌が荒れやすいので、使用を控えるようにしましょう。

顔には使用できない

してはいけないこと
お顔の皮膚はとても薄く繊細であるため、顔に使用出来る除毛クリームはほとんどありません。
使用出来るタイプのものも、外国の製品が多かったりするので、日本人のお肌には強すぎる可能性があります。
ボディ用の除毛クリームを顔に使用したら肌荒れを起こしたという例もありますので、顔には使用せず、別の方法でムダ毛の処理をする方が無難です。

クリームを塗ってからの放置時間(5〜15分ほど)がある

時間がかかる
除毛クリームを塗ったらすぐ拭き取れるわけではなく、商品によって時間は違いますが、5〜15分ほどの放置時間が必要となります。
脚や腕などの一部ならクリームを塗って放置して拭き取り、シャワーまでそれほど時間はかかりませんが、全身に使用するとそれだけ時間が必要となりますので、時間に余裕がある時に使用するのがベストでしょう。

除毛クリーム独特の刺激臭がする

除毛クリームには毛を溶かす成分としてチオグリコール酸カルシウムが含まれていますが、これが鼻がツンとするような臭いを放ちます。
臭いが苦手な方は例え短時間であっても苦痛を感じてしまうかもしれません。
最近はアロマ成分や刺激臭を抑えたタイプの物も販売されていますので、それらの商品を試してみるのもいいでしょう。

商品のコストがかかる

お金がかかる
除毛クリームは1本約800円〜5000円ほどお値段がかかります。
1週間に1度ほど使用するとなると、それだけコストがかかってしまいます。
剃りやすい部位はカミソリや脱毛テープで自己処理を行い、デリケートゾーンや剃りにくい部分のみ除毛クリームを使用するなど、使用部位によって使い分けするのも効果的です。

髪の毛にクリームが付くと、溶けてしまうリスクがある

髪をまとめる
ムダ毛がタンパク質でできているのと同様に、髪の毛もタンパク質でできています。
ムダ毛の処理の時と同じようにたっぷり髪の毛についてしまって気がつかない人はいないかもしれませんが、何かの拍子に髪を触ってしまって気がつかない人はいるかもしれません。
そうした場合、髪が溶けてしまう恐れがありますので、髪はしっかりまとめて絶対に触らないなどの対策をするようにして下さい。

除毛クリームを使用する前はデメリットもしっかり知って、対策しなければいけませんね!

除毛クリームを使っている人の口コミ

20代前半女性

私は割と敏感肌で除毛クリームの使用は心配でしたが、敏感肌用のものをパッチテストしてみたら大丈夫そうで、脚や腕に使用しても特にトラブルなく使用できています。
塗って少し放置するだけで拭き取る時に毛がスルスルっと取れるので、楽チンです。

30代前半女性

デリケートゾーンに使える除毛クリームがあるときいて試してみたら、すごく使いやすくてビックリです!
剃ると毛穴が目立ってしまうし、テープは痛そうだったので、部分的なお手入れに重宝してます。

20代後半女性

除毛クリーム使用後は乾燥したり肌荒れを心配していましたが、保湿成分配合のものは使い心地もいいし、使用した後も結構肌がしっとりしていい感じです!
カミソリで剃るより乾燥しませんでした。

20代後半女性

敏感肌にも使用できるときいて買って、早速パッチテストしてみたのですが、赤くピリピリしてしまって、アレルギー反応が出てしまったので、使うことができませんでした。

30代後半女性

カミソリで剃って伸びてきた毛と違って、伸びてきてもチクチクしなくて、手触りがとってもいいです。

20代前半女性

楽チンにムダ毛処理できるし、使い勝手がいいのですが、1本3000円位するので、週1で使用するには割高だなぁと感じます。

オススメの除毛クリーム5選!

除毛クリームのメリットやデメリットを知ったところで、さっそく、オススメの除毛クリームを見ていきましょう!

オススメ①パイナップル豆乳除毛クリーム  鈴木ハーブ研究所   2,600円(税別)

  • 内容用: 100g
  • 使用可能部位: 顔、VIOライン以外の全身
  • 香り:無臭に近い香り
  • 塗布時間:5分

お肌に優しいハーブエキス7種類が配合されており、保湿成分である尿素も配合されているので、敏感肌の方にも安心して使えます。
短時間なのにしっかり除毛でき、スベスベが持続し、さらに肌への刺激が最小限なので、バランスがいい除毛クリームです。

オススメ②ディー・レジーナ・エピ・プレミアム   GINZA:ARK   2,833円(税別)

  • 内容用: 150g
  • 使用可能部位: 顔、IOライン以外の全身
  • 香り:ピンクグレープフルーツ
  • 塗布時間:10分

保湿成分が含まれているので、使用後も潤いがキープされ、さらに毛穴の奥にまで入り込むので、除毛効果が最長約6〜8持続するという優れもの。
デザインも可愛らしくて、ポーチに入れていても変じゃないので、旅行のお供にもなります。
Vラインにも使用可能なので、気になるデリケートゾーンのお手入れに最適です。

オススメ③バスタイム除毛クリーム敏感肌用   Veet          オープン価格(800円前後)

  • 内容用: 150g
  • 使用可能部位: 顔、IOライン以外の全身
  • 香り:除毛クリーム特有の香り
  • 塗布時間:5分

水を弾く成分が配合されているので、バスタイムも問題なく除毛できます。
Veetの除毛クリームは種類がいくつかありますが、敏感肌用はアロエエキスなどお肌に優しく作られているので、敏感肌の方も安心して使えます。
また、価格も他の物と比べて安めなので、コストパフォーマンスも良好です。

オススメ④moomo(ムーモ)    自然派研究所      6,600(税別)

  • 内容用: 120g
  • 使用可能部位: 顔、VIO以外の全身
  • 香り:ラベンダー
  • 塗布時間:5分

値段は他の物と比べて少々お高いですが、高級シアバター、イソフラボン、シソエキスなどの美容有効成分がたっぷり入っていて、保湿美肌効果バツグンです。
また、除毛とともに抑毛効果のある成分が含まれているので、除毛クリームを使う度に毛が少しずつ薄くなることも期待できそうです。

オススメ⑤KENAIN(ケナイン)   株式会社ハウワイ    3,980円(税別)

  • 内容用: 100g
  • 使用可能部位: 顔、IO以外の全身
  • 香り:無臭に近い香り
  • 塗布時間:4〜10分

スプレータイプのクリームで、ミクロの泡が毛穴に浸透し、最短4分で除毛することができます。
界面活性剤が抑えられているので、肌への刺激が少なく、優しい仕様になっています。
男女兼用で、剛毛で悩んでいる方にもオススメしたい除毛クリームです。

まとめ

いかがでしたか?
除毛クリームも種類が豊富で、自分のお肌のタイプや、使用部位に合わせて使い分け
てもいいかもしれません。

メリットもいっぱいだけど、気をつけなければならないデメリットもあるので、パッチ
テストをしっかり行ったり、しっかり保湿したり、髪につかないように注意するなどの
対策をしっかり行って、除毛クリームを使ってみたいと思います!

そうですね。上手に使うことでスベスベのお肌をキープできそうですね。

さっそく買って試してみたいと思います!

要チェック
家庭用脱毛器のメリット・デメリットとオススメの脱毛器を徹底解説

ご自宅で無駄毛の処理をする方も多いでしょう。この記事では家庭用脱毛器を使用して脱毛することのメリット・デメリット、家庭用脱毛器の種類と選び方、オススメの家庭用脱毛器について解説しています。

続きを見る


要チェック
脱毛テープのメリット・デメリットとオススメの脱毛テープについて徹底解説

日常のムダ毛の自己処理に脱毛テープを使っている人は多いと思います。
この記事では脱毛テープを使用することのメリット・デメリット、オススメの脱毛テープについて脱毛初心者向けにやさしく解説しています。

続きを見る


関連記事
脱毛サロン大手8社徹底比較(ミュゼ・銀座カラー・キレイモ・ストラッシュ・脱毛ラボ・恋肌・C3・ラココ)
【医療脱毛】東京で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ16クリニック徹底比較
【医療脱毛】大阪で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ12クリニック徹底比較
【医療脱毛】名古屋で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ7クリニック徹底比較
【医療脱毛】福岡で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめ6クリニック徹底比較
【医療脱毛】札幌で全身・顔・VIO・脇脱毛が安いおすすめクリニック徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA