医療脱毛で後悔しないためには?医療脱毛のデメリットと対策を徹底解説!

「医療脱毛を検討しているけれど、うまくいかずに後悔しないだろうか…」

そんな不安を抱えていませんか?結論から言うと、医療脱毛のデメリットは適切な対策や事前のリサーチなどで、解決や回避が可能なものが多いです。

この記事では以下について解説します。

  • 後悔しがちなデメリット
  • デメリットに対する対策
  • 後悔しないおすすめクリニック

医療脱毛で後悔しないためにも、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

後悔しがちな医療脱毛の6つのデメリットとは?

後悔しがちな医療脱毛の6つのデメリットとは?

医療脱毛には多くのメリットがある一方、デメリットも存在します。あらかじめデメリットを把握すておくことで、医療脱毛で後悔する可能性が低くなるでしょう。

ここでは、医療脱毛でよくあるデメリットを5つ紹介します。

①完全に生えなくなるわけではない

医療脱毛の施術により永久脱毛の効果を期待できますが、永久脱毛といっても完全に毛が生えなくなるわけではありません

米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)よる永久脱毛の定義は以下の通りです。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で3分の2以上の毛が減っている状態

ただ、高出力のレーザーを使用した永久脱毛を行えるのは医療脱毛のみで、減毛や抑毛程度の効果のサロン脱毛よりは比較的高い脱毛効果を期待できます

②元の状態に戻せない

医療脱毛を受けてから、「やっぱり元に戻したい」と後悔しても元の状態には戻せません。

後悔しやすい部位として男性はヒゲ、女性はVIOラインが挙げられます

VIOラインは人の目が気になりやすい部分なので、十分に考え納得のうえで施術に取り組みたいところです。つるつるのハイジニーナにしてみたら、予想以上に恥ずかしかった…というケースはありがち

ヒゲに関しても、将来的にヒゲを伸ばしたくなったとしても、医療脱毛を受けてしまうとその選択肢が難しくなってしまうでしょう。

いずれの部位を検討する際も、将来的に後悔しないかはよく意識しておいてください。

③費用や時間がかかる

費用や時間がかかる

医療脱毛には、ある程度費用や時間がかかる点もデメリットといえるでしょう。

医療脱毛で扱う高出力のレーザーでの治療は、医療行為に該当するため、脱毛サロンでは適応できません。より効果が期待できる分、かかる費用も高額になります

顔やVIOラインを含む全身脱毛を例に挙げると、医療脱毛では約30万前後の費用がかかる一方、サロン脱毛ではその半額ほどで済む場合も。

また医療脱毛は毛周期に合わせて治療する必要があるため、必然的に時間も必要となります。毛質や肌質により個人差が生じ、施術する部位や範囲によってかかる時間は異なります。

医療脱毛での永久脱毛は、一般的に5回コースになっていることが多く、クリニックへの通院はおおよそ1~2ヶ月に1度が目安です。そのため効果を実感できるまでに1年弱かかる計算になります。

自己処理の必要がなくなるまでの目安は8~10回なので、医療脱毛を完了するまでには長ければ1年半ほど時間がかかります

とはいえ、より出力の弱いサロン脱毛では完了まで医療脱毛の倍ほど時間が必要となる場合もあるので、医療脱毛特有のデメリットとは言えない点は理解しておきましょう

サロン脱毛と比較して、医療脱毛は費用の面では高額になるものの、脱毛にかかる時間は短く効果も実感しやすいといえます。

④痛みが強い

医療脱毛では毛根にレーザーを照射すると熱が生じ、その熱が周囲に皮膚へ伝番されることで痛みが生じます。

特に脇やVIOラインなどの毛が濃い部位、また皮膚の柔らかい部位や皮膚のすぐ下に骨がる部位は痛みを感じやすくなります

医療脱毛はサロン脱毛と比較してレーザーの出力が強いため、その分痛みも強くこの点は医療脱毛のデメリットといえます。

ただし、それだけ出力が高く、サロン脱毛より効果が期待できるとも言えます。メリットとデメリットが表裏一体ということです。

⑤肌荒れや硬毛化のリスクがある

医療脱毛では施術の際、肌へレーザーを当てるため肌にダメージが生じ、肌荒れやかゆみの症状が出るケースががあります

また稀にではありますが、硬毛化のリスクがあることも覚えておきましょう。硬毛化とは、レーザー治療中に産毛のような薄い毛が硬く太くなる現象のことです。

硬毛化がなぜ生じるかまだはっきりとした原因がわかっていませんが、そうしたリスクがあることは頭に入れておきましょう。

⑥予約が取れない

人気のクリニックだと希望の日時で予約が取れず、なかなか通えないといったことも起こりえます。その他、週末は予約が殺到するため思い通りのスケジュールで予約を取れないことも考えられるでしょう。

理想的なスパンで通院できないことで脱毛効果が落ちてしまったり、脱毛完了までに時間がかかってしまうケースもあります。事前に予約のとりやすさについては確認しておくのが無難です

医療脱毛で後悔しないためのデメリットへの対策

医療脱毛で後悔しないためのデメリットへの対策

医療脱毛に関するデメリットの多くは、適切な対策や事前のリサーチにより解決可能なものです。ここでは、医療脱毛で後悔しないためのデメリットへの対策を説明します。

 

VIOなどはどこまで受けるべきか十分に検討する

医療脱毛を受けると元の状態へ戻せないため、あらかじめ脱毛する部位や範囲、形式を十分に検討する必要があります。

特に人の目が気になりやすいVIOやヒゲは、施術後に「やっぱりやらなきゃよかった…」と後悔する代表的な部位です。

対象の部位をすべて脱毛するのか、人気のデザインに沿って脱毛するのか、本来の形を残したまま脱毛するのかなど方法はさまざま。

自分の目的と理想に適った方法を選択しましょう。

自己判断に迷った場合は、施術前のカウンセリングの際に、カウンセラーに相談することがおすすめです

無料カウンセリングやテスト照射を受けてみる

多くの医療脱毛クリニックでは、無料カウンセリングを設けています。

無料カウンセリングの際に、気になる点はすべて確認しておきましょう

期間や効果などはどうしても個人差があるため、実際にカウンセリングで聞いてもらい、気になる点を解消しておけば後悔しづらくなるからです。

また、デメリットについての不安な部分も、無料カウンセリングでの説明で解消できるケースがあります。ネットや口コミだけではわからないことも多いので、カウンセリングで気になる点を質問するのがおすすめです。

脱毛の窓口やレジーナクリニックでは、無料カウンセリングにくわえテスト照射も行っており、事前に照射による痛みや肌の反応を確認できます。

両医院であれば痛みや肌荒れに不安を抱えている人も、安心して脱毛に取り組めるでしょう。

 

下記の記事では、テスト照射に対応しているクリニックを紹介しています。テスト照射の料金についてもまとめられているので、気になる人はぜひ見てください。

【2021年最新おすすめ】医療脱毛クリニック比較・人気ランキング20選

支払いやすい方法があるか確認する

支払いやすい方法があるか確認する

医療脱毛は高出力のレーザーを使用し、高い効果を期待できる分、費用は高額になってしまいます。

クリニックによっては、医療ローンなどの分割払いを用意してくれているので、支払いやすい方法がないか確認しましょう

医療脱毛クリニックで全身脱毛を行うと一般的に約20万円、そこに顔やVIOラインも含めると約30万円ほどの費用が必要となります。

一括での支払いが難しい場合も、分割払いを適用しているクリニックであれば、1回あたりの支出を抑えることができます。

ただし、分割払いでは手数料がかかるため、総額では大きくなる可能性があるため注意も必要です

また、支出を抑える方法として、お試しプランや気になる部分だけ治療するプランを検討するも一つの手といえます。

その他、学割やLINE特別クーポン、キャンペーンなどを用意しているクリニックも複数あります。数万円割引されることもあるので、費用を抑えられるかどうか確認してみましょう

痛みを緩和できるクリニックを選択する

医療脱毛で生じる痛みをなるべく緩和できるクリニックを選択することもデメリットへの対策のひとつです。

クリニックによっては、痛み対策として麻酔を使用できるところがあります

ただし、麻酔の利用は追加料金がかかる場合も多いので、注意が必要です

麻酔を利用しやすいクリニックとして脱毛の窓口とレジーナクリニックが挙げられます。

脱毛の窓口では、痛みに不安がある人のために麻酔クリームを無料で利用可能。レジーナクリニックも麻酔クリームを無料で処方しているので、どうしても痛みが不安な方はこの2医院を検討してみてください。

肌荒れ対策にスキンケアを入念に行う

医療脱毛レーザーの照射前後は、スキンケアを入念に行いましょう

施術前に肌が乾燥していると、レーザーの刺激に弱くなり痛みを感じやすくなってしまうため十分な保湿が必要です。レーザーの熱により肌の水分が失われる施術後も、保湿は欠かせません。

また術後は肌のバリア機能が低下するため、紫外線からダメージを受けやすく、肌荒れやシミが発生しやすくなります。そのため紫外線へ対策も重要になります。

施術当日は体温を上げると肌に炎症が起こりやすいので入浴やサウナを控え、シャワーで済ませるのがおすすめです。

ミナルクリニックやリゼクリニックなどは、施術後の肌荒れ対策のため、自宅ケア用に軟膏や薬を処方しています。

また脱毛完了後に肌トラブルが発生した場合に、診察や薬が無料で提供される保証を採用していることが多い点も、医療脱毛のメリットの1つです

クリニック検討の際にはアフターケアの有無も確認しましょう。

後悔しない!おすすめ医療脱毛クリニック3選

後悔せずに医療脱毛を終えるためにおすすめの医療脱毛クリニックを3つご紹介します。

①脱毛の窓口


脱毛の窓口は、初診料や再診料、シェービング代、予約キャンセル料、テスト照射、照射漏れ時の追加照射、肌トラブルの診察代、クリーム麻酔がすべて無料のクリニックです

脱毛コースの料金以外の出費がない、わかりやすい料金設定なので、追加の料金を気にせずに施術を受けることができます。

また、費用面でも最大60回の分割払い制度を採用しており、月々の支出が負担にならないように調整できるので安心です。

各種コースは一律の回数ではなく、5回、8回、10回から選ぶことができ、毛の程度に合わせて選択が可能です。

脱毛機は厚生労働省に認可された最新の機械を使用しているのも安心できるポイントです。

料金や痛みなど、安心して施術を受けたい人におすすめのクリニックです。

②レジーナクリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニックは1度の来院で全身照射が可能なうえ全身脱毛1度あたりの照射時間が約90分ほどで済みます。

全身26カ所の5回コースの費用総額は207,900円(税込)ですが、分割払いを選択すると月々の支出は4,700円~(税込)に抑えられます。

無料カウンセリングは90分に設定されており、デメリット等への疑問を解消するのに十分だといえますし、無料でテスト照射も行っているため痛みへの不安も軽減できます。

さらに痛みに不安がある人のために、麻酔クリームを無料で利用可能。後悔しがちなポイントを解消してくれている点が多く、おすすめのクリニックです

③アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクニックは、初回契約時に4回分の予約をまとめて取得できるなど、予約のとりやすさを大切にしているクリニックです

一定数の予約枠を超えた場合は、新規の申し込みに制限をかけるなど、契約後に予約を取りやすい仕組みづくりに力を入れています。

無料カウンセリングでは、脱毛方法や脱毛プランについて丁寧に説明してくれます。その際無料でテスト照射も行っており、痛みや肌の反応を事前に確認できるのも魅力です。

複数の脱毛器を扱っており、一人ひとりの肌に合あった脱毛器で施術を行うなど、痛みを軽減する工夫もなされています。

さまざまなデメリットを解消する特徴がありますが、中でも予約のとりやすさが気になる忙しい方におすすめのクリニックです。

後悔しないためにも医療脱毛のデメリットは把握しておこう

後悔しないためにも医療脱毛のデメリットは把握しておこう
医療脱毛を後悔なく終えるためには、医療脱毛のデメリットを事前に理解しておくことが大切です。どういったデメリットがあるかを理解しておき、医院選びに活かせば後悔する可能性は低くなります。

この記事で読んだことを医療脱毛の検討や医療脱毛クリニック選びにぜひ役立ててください。

どうしても後悔したくない方には、脱毛の窓口をおすすめします。

脱毛の窓口は、時間や価格の面で優れているだけでなく、無料カウンセリングや痛みへの軽減方法も充実しており、後悔しづらいクリニックです。

参考記事:医療脱毛で後悔することは?|永久脱毛のデメリットや全身脱毛する際の注意点を解説